経営コンサルティング事務所「ビジネスサポートオフィスつくる」のブログ

相談すると、元気になる!ポジティブになる!そんな経営コンサルティング事務所から、お役立ち情報を発信しております!

経営相談ご希望の方は、当オフィスのホームページより、お気軽にお問合せ下さい。 http://www.support-tsukuru.jp/

にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村

本日は、枚方市で、淀川・鵜殿(うど)のヨシを活用して生まれたヨシ紙を中心に、照明や屏風、インテリアアクセサリー、ステーショナリー等の、オリジナル商品を企画デザインし展開していらっしゃる、株式会社アトリエMayさんにお邪魔してきました。

鵜殿のヨシ原(うどののよしはら)は、淀川河川敷に広がるヨシの群生地として、大阪みどりの百選、関西自然に親しむ風景100選にも選定されています。

株式会社アトリエMayさんは、このような地域資源を活用して地域興しをしていらっしゃいます。

「大阪の地域資源って何?」と言われると、「粉もん」「お笑い」くらいしかパッと出てこない気がします。自然と言っても、海も川もそんなにきれいでもなく、自然豊かな地域というイメージではなく、何となく混沌としているイメージがあります。

このように第三者的に発言しておりますが、私は生まれも育ちも根っからの大阪人です・・・。

私は仕事柄、地域資源というものに目を向ける機会が多く、大阪を地盤に仕事をしておりますから、大阪の地域資源に関心があります。実は、大阪府下は「捨てたもんじゃない」とここ数年感じております。

おいおい、いろいろ紹介したいと考えております!

株式会社アトリエMayさんのホームページ、一度ご覧ください!

https://www.art-may.jp/

売上が減少している、赤字が続いている、お金もどんどん減っている・・・。その場合、売上高が減少している原因、赤字に陥っている原因、お金が減っている原因を探り、その原因を取り除く必要があります。

それには現場の力が必要であり、現場の力を引き出すには、従業員のモチベーションを高め、組織力を高めていく必要があります。

ただ、ここで確認していただきたいことは「経営体制は安定していますか?」ということ。

例えば現経営者が高齢で後継者が決まっていない場合、その企業が今後も存続し続けるのか?という不安を感じるのは当然です。

また現状のことに固執して、将来像に目を向けていない場合、この企業に果たして未来はあるのか?という不安を感じるのは当然です。

現経営者が上記のことに配慮している企業は、ジリ貧状態に陥ることが少ない気がします。

後継者について、さらに自社の将来像について、まずは確認してみて下さい。

ある経営支援団体の依頼で「経営」について、経営者向けに講義をして欲しいという依頼がありましたので、今日移動中に「経営」について考えていました。

資金を調達して、それを元手に商品を仕入れ、給与を支払い、必要なものを購入して、売上を上げて利益を確保し、お金を獲得します。そのお金でまた商品を仕入れ、給与を支払い、必要なものを購入して、売上を上げて利益を確保し、・・・。

このような循環を継続させることが経営であり、経営者の役割。

ただ、利益が減って、さらに赤字になると、お金が獲得できなくなり、貯めていたお金で、商品仕入れと給与支払い等を行う必要が出てきます。さらに赤字が続くとお金がどんどん減っていき、商品仕入れもままならなくなり、給与も支払えなくなる。となるとさらに売上上げる力が弱くなり、いずれお金も底をつき、倒産・・・。

これをどのようにお伝えし、どのような形で経営に活かしていただくか。もう少し考えてみようと思います。





当ホームページに、セミナー・研修の実績を掲載していますが、ちょうどこの時期、夏の終わりごろからセミナー・研修講師の仕事が多くなります。

この講師というお仕事、私にとって実は「楽しい」仕事の一つでして・・・。

受講される方々がどのような方々で、どのようなことを期待して受講されるのかについて、出来るだけ事前、実施中でも把握しようと心掛けています。

そして専門用語をなるべく使わず、的を絞って、いかに分かりやすくお伝えできるかということを意識しながら、臨んでいます。

さらに一方的な講義にならないよう、ワークや発言ができる時間を意識的に作ります。

学びの秋、楽しい季節の到来です!

先日、創業講座(大阪府商工会連合会主催)の講師を務めてきました。

今回はゲストとして、水なすのピクルスを製造販売していらっしゃるNSW株式会社の西出社長を招き、パネルディスカッション形式で事業内容についてお話をお伺いしました。

該社は元々大阪泉州地域の地場産業であるワイヤーロープメーカーでしたが、業界自体が厳しい状況にあり、4代目の西出社長が第二創業で水なすピクルス事業を始めました。

「ワイヤーロープメーカーが、なぜ水なすを?」というのが正直な感想だと思います。

事業アイデアの創出、ピクルスという商品開発のご苦労、価格設定、販路開拓・・・。

様々な角度でお話をお伺いしました。創業講座ご受講の皆様にとって、このような生のお話は大変参考になったのではないかと思います。

今評判の「水なすピクルス」。他の食材も多数取り揃えていらっしゃいます。まさに注目の企業です。ぜひご賞味ください!

idsumi(いずみ)のピクルス
http://idsumi.com/






↑このページのトップヘ